ニキビを予防する

ニキビが顔に出来ると、嫌な気持ちになってしまう人は少なくないでしょう。一度出来てしまうと治るまでに数日必要としてしまうため、出来ればニキビが出来てしまう前に予防出来た方が良いです。

ニキビの予防法の一つとして、食事により方法があげられます。ニキビに効果が期待出来る栄養素はビタミン類ですが、ターンオーバーを促進するビタミンA、脂質の代謝を整えるビタミンB群、ホルモンバランスを整えてくれるビタミンEなどが、ニキビの症状を抑える、予防するために効果が期待出来る栄養素です。ニキビを治療する際に用いられる内服薬にも、ビタミンが含まれているという事が多くなっています。

また、日常生活からニキビを予防するために大切な事として、やはりスキンケアは欠かせません。ただ、ニキビを作らないために洗顔をしすぎるという事は逆効果の場合があります。洗顔のしすぎは肌の潤いを失い、乾燥を起こしてしまいニキビを作りやすくしてしまうのです。

参考HP・・・ニキビを予防するスキンケア化粧品「みんなの肌潤糖」

毛穴を詰まらせない様にする事もポイントとなりますが、そのためにはピーリングが効率的です。ピーリングで角質を溶かして取り除く事で、毛穴が詰まりづらくなり、細菌が繁殖しづらく、ニキビが出来づらくなります。

ニキビの治療について

顔に出来てしまったニキビですが、ニキビは放っておけば治ると考えて放置したり、誤った独自の治療を行ったりする事があるのではないでしょうか。ニキビは誤った対処法を行ってしまうと、さらに症状を悪化させてしまう事や、跡を残してしまう原因にもなりかねませんので、正しい治療方法を覚えておく事が大切です。

基本的にニキビの治療としては、外用薬を用いられるのが一般的です。ニキビに効果のある軟膏などの外用薬を持ち入り治療するほか、飲み薬を服用して治療するというケースもあります。基本的にはこれらのように、適切な治療薬を用いてニキビを解消するのが望ましいと言えます。皮膚科など専門家に相談する事で、症状が余計に悪化したり回復が長引いてしまったりするのを防げますので、独断で治療するのではなく正しい治療をしてもらいましょう。

ちなみに飲み薬には、ビタミンが配合されているものが多いです。ビタミンの効能には、肌のターンオーバーをサポートしてくれる役割がありますので、ニキビの回復に役立ってくれるのです。皮膚科で飲み薬が処方される事は少なく、軟膏を処方される事が多くなっていますが、いずれにしても専門家に相談するのが安心して治療をする方法といえます。